ドライバーとは

改めて勉強しようゴルフクラブ〜ドライバー編

ドライバー

2016年06月23日

 

こんにちは!ゴルフライフを楽しんでいますか?

 

今回の、このwebマガジンではドライバーの役割、使い勝手について解説していきます。

 

もう、お分かりになっている方も多いと思いますが、同じ内容でも経験を積んでから、改めて知ることで新しい発見もあると思います。

 

是非、再確認の意味も含めて読んでみて下さい。

 

 

ドライバーの特徴

 

とにかく遠くに飛ばす為に作られた、クラブがドライバーです。

 

2008年に高反発規制が出るまでは、ドライバーは、とにかく高反発なヘッドが追求されていましたが、2008年の高反発規制以降は各メーカー規制範囲内で、よく飛ぶドライバーを日々研究し様々な工夫を施しています。

 

その工夫は細部に渡り、ヘッドの素材、重さ、加工、反発力、シャフトの長さ、重さ、これらの全ての要素を複雑に組み合わせ、それぞれのメーカーから、よく飛ぶドライバーが販売されています。

 

各メーカーの長年の研究によりコンセプトが違うドライバーは、もはや別物といって良い程、使い勝手が違うので、自分の経験やクセなどを見極めて、自分に合ったドライバーを選ぶことが、飛距離を伸ばす上で重要です。

 

ドライバーを使うシチュエーション

 

とにかく遠くに飛ばすドライバーは、第一打がベストシチュエーションです。

 

ドライバーは、飛距離が出せる反面、長くへッドが重いため当たりにくくコントロールしにくいので、他の場面では使いにくいのが実情です。

 

ドライバーの飛距離

 

アマチュアドライバーの平均飛距離は210〜230Yです。

 

アマチュアで250Yも飛ばす方がいたら、その方は充分飛ばし屋だと言って良いでしょう。

 

たまには新しいドライバーのチェックに行ってみてはどうでしょう?

 

《あす楽》テーラーメイド グローレF GL3300 ドライバー 05P18Jun16

《あす楽》キャロウェイ XR XRカーボン ドライバー 05P18Jun16

2016新製品ブリヂストン日本正規品JGRドライバーTourAD J16?11Wカーボンシャフト【あす楽対応】

日本正規品 テーラーメイド M1 460 エムワン ドライバー TM1-116 カーボンシャフト 【2016年】【460cc】 【02P27May16】

 

 

ドライバーは、各メーカー研究に力を入れていて、日々新しい製品が販売されています。

 

最近ではヘッドに窒素を入れて反発力に工夫を加えた物や、自分でヘッドの重さを調節できるようにした物、反発係数の範囲内ギリギリを狙った新素材を使った物など、様々な新製品が出ています。

 

たまには、お店に行ってドライバーの新製品の様子を見て、気になる物があれば試打をしてみることをお勧めします。

 

もしかしたら、これは!
と、思うドライバーに出会えるかもしれません。

 

【まとめ】

 

ドライバーは貴方が経験や実力を積むと、自ずと今使っているドライバーよりも、更に良いドライバーが出てきます。

 

今使っているドライバーが
「何だか馴染まなくなってきたな」
と思えてきたら、グリップを変えてみたり、思い切って新しいドライバーに変えてみるのも良いと思います。

 

貴方のファーストショットが、素晴らしい物になることを祈っています。

 

 

 

text/ゴルフのヒント編集部


ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム 詳細はこちら!!

ドライバーとは関連ページ

ウッド(フェアウェイウッド)とは
知ってるつもりで知らないクラブの役割・種類を改めて勉強しましょう。
ユーティリティとは
知ってるつもりで知らないクラブの役割・種類を改めて勉強しましょう。
アイアンとは
知ってるつもりで知らないクラブの役割・種類を改めて勉強しましょう。
ウェッジとは
ウェッジを制するモノはアプローチを制す。
パターとは
実は奥が深いパターの構造。ドツボにはまる前にパターの構造を捕まえましょう。

トップページ スイング無料動画 谷将貴レッスンDVD サイトマップ