美しくなるための野菜生活

美しくなるための野菜生活

アボカド

アボカドが好きという人は多いと思いますが、美味しいというだけではなく美容成分も豊富に含まれています。

 

 

そもそもアボカドの原産地はメキシコと中央アメリカで古代アステカ時代から食べられていました。

 

 

世界的に知られるようになったのは19世紀末にアメリカにて栽培されるようになってからです。

ホウレンソウ

 ホウレンソウには東洋種と西洋種があります。16世紀から17世紀に東洋種が、19世紀になってから西洋種が入ってきたといわれています。

 

 

 東洋種は葉が薄く、アクが少ないのでおひたしにむいています。一方の西洋種は、葉が厚く、炒めものやいろいろな調理に向いているといわれます。

 

 

 ホウレンソウが盛んに食べられるようになったのは昭和に入ってからのことで、漫画「ポパイ」に出てくる缶詰のホウレンソウの影響で、品種改良がさらに進み、食卓に頻繁に上がるようになりました。

 

 

 そのこともあり、ホウレンソウといえばパワーの付く食べ物というイメージが高まりました。栄養学的にも、ホウレンソウにはいろいろな栄養素が含まれています。美容効果もあるといわれています。

ダイエット

同じ年齢でも人によって見た目、健康の老化具合にはかなり差があるとおもいませんか?

 

 

いつまでも若々しく健やかなあの人、いったいなにが違うのでしょう。

 

 

もしかしたら活性酸素が関係しているかもしれませんよ。

 

 

活性酸素ってなんでしょう。

活性酸素とはその名の通り酸素の一種。

 

 

私たちが食事でとった栄養をエネルギーとする際、身体に取り入れた酸素のうちおおよそ2パーセントはこの活性酸素にかわるといわれています。

 

 

活性酸素はほかの物質を酸化させる強い作用を持っています。

 

 

本来はこの強い作用による殺菌効果でウイルスから身体を守る働きをしますが、増えすぎると酸化作用が働きすぎて逆に細胞を痛めてしまいます。

 

 

ダイエット

するとどんなことがおきるかというと、動脈硬化、心筋梗塞、ガン、糖尿病といった命にかかわる疾患、さまざまな痴呆、白髪やしわなどの老化現象など。

 

 

身体全体の老化を引き起こし、健康と美容を阻害してしまうことになるのです。

 

 

美容と健康のために、ぜひこの怖い活性酸素を増やさないようにしたいものですよね。

 

 

でも栄養素がエネルギーにかわる度に体内で発生してるなんて聞いたらどうしたらいいか検討も付きません。

 

 

そこで体内のことは体内で解決!

 

 

積極的に活性酸素を弱らせる作用のある抗酸化成分を体内に摂取することで老化をコントロールすることができるのです。

 

 

続きを読む≫ 2015/04/19 18:47:19

便秘は肌荒れの原因にもなり、美容にも大敵です。

 

 

そこで、便秘に効果のある野菜をご紹介したいと思います。

 

 

便秘解消といえば食物繊維が有名です。

 

 

でも、実は食物繊維には、2つの種類があることは、ご存知ではない方が多いかもしれません。

 

 

それぞれの特徴を生かすと、より効果的に便秘を解消することができます。

 

 

 

野菜で体の内側と外側から美しくなることについて考えてみましょう。

 

私達は、普段酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出していますが、

 

 

必要であるはずの酸素の一部は、活性酸素になって、細胞を傷つけます。

 

 

活性酸素は、体のサビ(過酸化脂質)を作って加齢を促進してしまいます。

 

 

体の脂質の酸化を抑えてくれるものに、SOD酵素がありますが

 

 

これは年齢と共に体内に少なくなっていってしまいます。

 

 

SOD酵素に近い抗酸化成分に、ビタミンA、C、E、βカロテン、ポリフェノール等があります。

 

 

これらの成分を多く含む野菜を摂り入れることで、体の酸化を防ぎましょう。

 

 

肌荒れなど美容関係での悩みを持っている女性は多いと思います。

 

 

そこで良く聞くとは思いますが肌荒れや綺麗な肌を作るには野菜はとても重要になります。

 

 

しかしどの野菜をどのようにして食べるのが一番効果的に肌荒れを改善してくれるのかわからない人も少なくないと思うのでいくつかご紹介します。

 

 

日々、元気に過ごしたいと思っていても、鏡に映った自分のしわやしみを見て、がっくり、肩をうなだれさせて、
朝のスタートを切る女性は案外多いものです。

 

 

でも、年齢の壁には、逆らえないとため息をつくのは、ちょっと待って!
実は、野菜の持っているアンチエイジングパワーが、しみやしわの発生を抑えてくれることをご存知ですか?

 

なすの美容効果と聞いても、ぴんと来ない方が多いかもしれませんが、実はなすは美容食材の優等生です。

 

 

なすはほとんどが水分ですが、実はなすは皮を剥いだあとの白い部分ではなく皮の方に秘密があります。

 

 


あまり知られていませんが、じつはブロッコリーはとても美容にいい野菜なのです。

 

 

というのも、ビタミンCがとても豊富に含まれていて、その量はなんとレモンの2倍にもなります。

 

 

そのためカップ一杯分ほどのブロッコリーを食べれば、一日に必要な量を補えてしまえるのです。

 

 


トマトは女性にとってうれしい美容成分が豊富な野菜です。

 

 

美容成分の定番である、肌の調子を整えたり紫外線ダメージから肌を守る働きのあるビタミンCや食物繊維はもちろんのこと、トマトにはリコピンがたっぷり入っています。

 

 

リコピンはトマトの赤い色素成分で、高い抗酸化力があるとして今、美容や健康の分野で注目されています。