野菜の美容効果

野菜の美容効果

アボカド

アボカドが好きという人は多いと思いますが、美味しいというだけではなく美容成分も豊富に含まれています。

 

 

そもそもアボカドの原産地はメキシコと中央アメリカで古代アステカ時代から食べられていました。

 

 

世界的に知られるようになったのは19世紀末にアメリカにて栽培されるようになってからです。

続きを読む≫ 2015/05/26 00:24:26

ホウレンソウ

 ホウレンソウには東洋種と西洋種があります。16世紀から17世紀に東洋種が、19世紀になってから西洋種が入ってきたといわれています。

 

 

 東洋種は葉が薄く、アクが少ないのでおひたしにむいています。一方の西洋種は、葉が厚く、炒めものやいろいろな調理に向いているといわれます。

 

 

 ホウレンソウが盛んに食べられるようになったのは昭和に入ってからのことで、漫画「ポパイ」に出てくる缶詰のホウレンソウの影響で、品種改良がさらに進み、食卓に頻繁に上がるようになりました。

 

 

 そのこともあり、ホウレンソウといえばパワーの付く食べ物というイメージが高まりました。栄養学的にも、ホウレンソウにはいろいろな栄養素が含まれています。美容効果もあるといわれています。

続きを読む≫ 2015/05/08 00:26:08

なすの美容効果と聞いても、ぴんと来ない方が多いかもしれませんが、実はなすは美容食材の優等生です。

 

 

なすはほとんどが水分ですが、実はなすは皮を剥いだあとの白い部分ではなく皮の方に秘密があります。

 

 


続きを読む≫ 2015/03/28 23:36:28

あまり知られていませんが、じつはブロッコリーはとても美容にいい野菜なのです。

 

 

というのも、ビタミンCがとても豊富に含まれていて、その量はなんとレモンの2倍にもなります。

 

 

そのためカップ一杯分ほどのブロッコリーを食べれば、一日に必要な量を補えてしまえるのです。

 

 


続きを読む≫ 2015/03/28 23:36:28

トマトは女性にとってうれしい美容成分が豊富な野菜です。

 

 

美容成分の定番である、肌の調子を整えたり紫外線ダメージから肌を守る働きのあるビタミンCや食物繊維はもちろんのこと、トマトにはリコピンがたっぷり入っています。

 

 

リコピンはトマトの赤い色素成分で、高い抗酸化力があるとして今、美容や健康の分野で注目されています。

 

 


続きを読む≫ 2015/03/28 23:36:28

美容に良いと云われている野菜達・・・その中でも、小松菜や、菜の花、ほうれん草といった類の野菜は、緑黄色野菜の王様で、美容的にも、ピーマンやトマトと共に、注目度の高さは凄いものがあると思います。

 

 

そんな色濃い野菜達に隠れていて、美容効果は抜群なのに、どこか、影に隠れて、表舞台に立てられていない野菜として根菜類があげられます。

 

 

根菜類の中でも、野菜ジュースに活用されている人参等はまだしも、ゴボウ等は、きんぴらにすると美味しいけれど、ゴボウの栄養価も知らず、きんぴらは、濃厚な甘味がするので、ダイエットや美容関係としては、不向き扱いを決め込んでいる人も少なくありませんが、それらは大きな間違いなのです。

 

 


続きを読む≫ 2015/03/28 23:36:28

ダイエット

ャベツの栄養分にはビタミンC、カルシウム、ビタミンK、食物繊維が豊富に含まれており、その他にβ-カロテンやカリウム、葉酸、アブラナ科に共通のイソチオシアネート化合物(ジチオールチオニン)という、発ガン物質の活性化を抑制する成分などを含んでいます。
中でも含有量が多いビタミンC。疲労回復や抗ストレス効果、もちろん美容面でも注目されており、β-カロテンと合わせて美肌効果やアンチエイジングに効果が期待できるとされています。

 

キャベツの栄養・効果を語る上で外せないのがビタミンU。

ビタミンUは、胃酸の分泌を抑えて胃腸の粘膜を健康に保つ働き、胃腸の粘膜を修復するためにたんぱく質の合成を活発にし、傷ついた粘膜を治す働きなどがあります。ビタミンUは、キャベツから発見されたため別名「キャベジン」とも呼ばれており、胃腸薬として有名な市販薬の「キャベジン」もこの成分の効果によって作られています。

続きを読む≫ 2015/03/28 23:36:28