キャベツ

キャベツの美容効果について

○キャベツの主な効能効果

ダイエット

ャベツの栄養分にはビタミンC、カルシウム、ビタミンK、食物繊維が豊富に含まれており、その他にβ-カロテンやカリウム、葉酸、アブラナ科に共通のイソチオシアネート化合物(ジチオールチオニン)という、発ガン物質の活性化を抑制する成分などを含んでいます。
中でも含有量が多いビタミンC。疲労回復や抗ストレス効果、もちろん美容面でも注目されており、β-カロテンと合わせて美肌効果やアンチエイジングに効果が期待できるとされています。

 

キャベツの栄養・効果を語る上で外せないのがビタミンU。

ビタミンUは、胃酸の分泌を抑えて胃腸の粘膜を健康に保つ働き、胃腸の粘膜を修復するためにたんぱく質の合成を活発にし、傷ついた粘膜を治す働きなどがあります。ビタミンUは、キャベツから発見されたため別名「キャベジン」とも呼ばれており、胃腸薬として有名な市販薬の「キャベジン」もこの成分の効果によって作られています。


○キャベツが効果を発揮するのは

ダイエット

  • ・肌荒れの改善・美肌作り
  • ・アンチエイジング(老化防止)
  • ・胃腸の不調を改善
  • ・便秘の解消
  • ・生活習慣病・がん予防

 

キャベツは食物繊維が豊富であることやビタミンCがあるので、お通じをよくしさらに食欲を落ち着かせることができるためダイエットに適していると言われています。
しかしキャベツには食物繊維やビタミンCだけでなく、ボロンが含まれています。このボロン女性にとてもうれしい働きがいっぱいなのです。特に美容で言えば、肌荒れの改善や美肌作りにはキャベツを摂取すると良いとされています。

 


キャベツは必ず生で食べましょう!

ダイエット

キャベツに多く含まれてる「ボロン」という栄養素は、女性ホルモンに似た働きがあるため、女性らしいカラダになり、バストアップにつながります。巨乳で有名な某モデル(女優)は、高校時代に生キャベツを1日1玉食べてバストアップとダイエットに成功したそうです。

 

ボロンはとても火に弱い栄養素などです。

炒めたりするなど 熱を加えると効果が失われてしまいます。
ですから、キャベツは生でいただく必要があります。とはいえで体を冷やす生野菜はダイエット向きではないとされています。
とはいえ中でなければボロンは効果を発揮できませんので、キャベツは生で摂るようにし、ほかの野菜を徹底して温野菜で摂るようにしてみましょう。
またキャベツを生で食べる時、良質なオイルをかけて食べると体に必要な油分をとれます。
生のキャベツは意外と固めの食感があり、特に固いキャベツの芯などは独特の臭みがありますから、取り除いてダイエット中飽きがこないようにしましょう。

 

 

ダイエットにより肌に栄養がいかず、肌がトーンダウンしてしまったり、しわが出来たりするものです。このような症状を防いでくれるキャベツのボロンを積極的に食事にとりいれて健康的なつや肌にしていきましょう。


キャベツ関連ページ

なす
野菜の美容効果をまとめ紹介。
ブロッコリー
野菜の美容効果をまとめ紹介。
トマト
野菜の美容効果をまとめ紹介。
ごぼう
肌荒れ・ダイエット・便秘にはごぼう
ホウレンソウ
野菜の美容効果をまとめ紹介。
アボカド
野菜の美容効果をまとめ紹介。