なす

ブロッコリーの美容効果

じつはこんなに凄いブロッコリーの美容効果

あまり知られていませんが、じつはブロッコリーはとても美容にいい野菜なのです。

 

 

というのも、ビタミンCがとても豊富に含まれていて、その量はなんとレモンの2倍にもなります。

 

 

そのためカップ一杯分ほどのブロッコリーを食べれば、一日に必要な量を補えてしまえるのです。

 

 


ブロッコリーでお肌つるつる

 

 

さらにビタミンCはコラーゲンの生成を助け皮膚の再生を促すので、お肌に弾力が出てツヤツヤになります。

 

 

アンチエイジングにも効果があるため、積極的に取り入れればシミやシワの予防にもなります。

 

 

βカロテンもふんだんに含まれているため、新陳代謝が活発になり、ニキビなど肌荒れを防いでくれる効果もあります。

 

 

βカロテンは皮膚や粘膜を強くしてくれるため効果があるため、アトピーや敏感肌の人たちにとっては強い味方となってくれますよ。

 

 

含まれているグルコラファニンは紫外線で痛んだ肌を補修し、ダメージからの回復を早めてくれます。

 

 

そのため、海などに出かけて日焼けてしまったなと感じたときは、ブロッコリーを食べると効果的です。

 

 

ブロッコリースプラウトは「芽」

 

さらに注目すべきは、ブロッコリーは芽のときも素晴らしいパワーを持っているということです。

 

 

ブロッコリースプラウトは非常に強い抗酸化作用を持っています。なんとブロッコリーの20倍以上なんです。

 

 

そのため、スプラウトの状態で食べれば、育った状態のときよりも強力なアンチエイジング効果を得られ、老化防止に繋がります。

 

 

レンチンで食べるのが一番。

 

 

ブロッコリーはお湯で茹でて食べることが多いですが、ビタミンCはとても水に溶けやすい性質があります。

 

 

そのため、美容のことを考えるなら、お湯で茹でるのは止めたほうがいいでしょう。

 

 

 

熱を通したいのなら、レンジを使うか蒸せば栄養を逃がすことなく調理できます。

 

 

また、ブロッコリーは房だけを食べる人も多いですが、茎の部分にも栄養がつまっています。

 

 

表面の皮は繊維質で硬く食べにくいため、包丁などでうまくそいで、中の芯の部分を食べるといいでしょう。

 

 

ほんのり甘くシャキシャキしていて、とてもおいしいですよ。

ブロッコリー関連ページ

なす
野菜の美容効果をまとめ紹介。
トマト
野菜の美容効果をまとめ紹介。
ごぼう
肌荒れ・ダイエット・便秘にはごぼう
キャベツ
野菜の美容効果をまとめ紹介。
ホウレンソウ
野菜の美容効果をまとめ紹介。
アボカド
野菜の美容効果をまとめ紹介。