活性酵素とは

活性酵素とは

錆びないカラダを手に入れる!活性酸素バイバイ!

ダイエット

同じ年齢でも人によって見た目、健康の老化具合にはかなり差があるとおもいませんか?

 

 

いつまでも若々しく健やかなあの人、いったいなにが違うのでしょう。

 

 

もしかしたら活性酸素が関係しているかもしれませんよ。

 

 

活性酸素ってなんでしょう。

活性酸素とはその名の通り酸素の一種。

 

 

私たちが食事でとった栄養をエネルギーとする際、身体に取り入れた酸素のうちおおよそ2パーセントはこの活性酸素にかわるといわれています。

 

 

活性酸素はほかの物質を酸化させる強い作用を持っています。

 

 

本来はこの強い作用による殺菌効果でウイルスから身体を守る働きをしますが、増えすぎると酸化作用が働きすぎて逆に細胞を痛めてしまいます。

 

 

ダイエット

するとどんなことがおきるかというと、動脈硬化、心筋梗塞、ガン、糖尿病といった命にかかわる疾患、さまざまな痴呆、白髪やしわなどの老化現象など。

 

 

身体全体の老化を引き起こし、健康と美容を阻害してしまうことになるのです。

 

 

美容と健康のために、ぜひこの怖い活性酸素を増やさないようにしたいものですよね。

 

 

でも栄養素がエネルギーにかわる度に体内で発生してるなんて聞いたらどうしたらいいか検討も付きません。

 

 

そこで体内のことは体内で解決!

 

 

積極的に活性酸素を弱らせる作用のある抗酸化成分を体内に摂取することで老化をコントロールすることができるのです。

 

 


ダイエット

代表的な抗酸化成分にはこんなものがあります。

 

  • カロテノイド(βカロテン、リコピン)
  • 抗酸化ビタミン(ビタミンC、ビタミンE)
  • ポリフェノール(カテキンなど)
  • ミネラル(セレンなど)
  • 亜鉛
  • ・・・

 

これらを効率的に採るためには緑黄色野菜を中心に野菜を多く食べるのが効果的。

 

 

βカロテンといえばにんじん、リコピンといえばトマト。

 

 

色の濃い緑黄色野菜にはこれらの抗酸化成分が特にたっぷりと含まれています。

 

 

抗酸化成分の多く含まれる緑黄色野菜はこちら。

 

 

  • 小松菜
  • ほうれん草
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • トマト
  • 赤ピーマン
  • アスパラガス
  • アシタバ
  • ナス
  • 紫キャベツ

 

これらの野菜をバランスよく採ることで、抗酸化成分が活性酸素の働きをおさえて身体を老化から守ってくれるのです。

 

 

上手にたくさん食べて、健康に過ごしたいものですね。